ご挨拶

Greetings






                                                         


目指すは、「環境変化適応企業」

ひらいはより良い快適な生活を提案する暮らしの卸商社として成長してきました。
半世紀以上過ぎた今もひらいが存続しているのは良き販売店様と、商品力のあるメーカー様そして意欲ある社員に恵まれたからであります。
しかし、新たな、時代を展開していくには、長いお取引の歴史を大切にしながら、これまで以上に消費者の動向を見据え、販売店様に常に新たな提案をしていくことが不可欠です。
時代の流れで取り扱いの商品や販売チャネルやシステムが、変わっても、豊かで夢のある生活を追い求める私達の使命は変わりません。
かつてダーウィンは「最も賢く強いものが生き残るわけではなく最も変化に適応したものが生き残る。」と唱えました。
環境の変化に柔軟に対応をしながらメーカー様・販売店様と共に繁栄させて頂くこと、それが私達ひらいの企業テーマでもあります。

人は考えた通りの人間になる  ジェームズ・アレン

あなたの気持ち・考えがすべてであり、「人は考えた通りの人間になる」
たとえば、「私は幸せだ」と思っている人は、美しい花や小鳥の鳴き声に癒され、幸せを感じます。
しかし、「忙しい、忙しい」と思っている人は、美しい花が目に入らないし、鳥のさえずりも耳にはいりません。
「自分には才能がない」と思っている人はみずから挑戦しないので、いつまでたっても能力が身に付きません。
反対に、「私には才能がある」と思っている人は新しいことに果敢にチャレンジしたくなるので、どんどん才能を身に付けていきます。
「私はコミュニケーションが苦手だ」と思っている人は人付き合いを避けるので、ますます自信を失っていきます。
「私は人付き合いがうまい」と思っている人は人とたくさんしゃべるので、コミュニケーション能力が磨かれていきます。
「思い」を変えると、自分の「思っている通り」の波動が現実になってきて、「自分を取り巻く世界」まで変わっていきます。
ですから、「私は幸せだ」「私には才能がある」「毎日が楽しい」とプラスの言葉を繰り返し唱えてみると繰りかえされた言葉が「思い」になり、やがて現実になるのです。                                             

「仙台市長のことはよく知らなくても、仙台四郎を知らない人はいない」と言われるほど、仙台では有名人であることは確かです。ところであなたの「あきない」はどうですか?
昔からよく「笑う門には福来たる」といいます。商売に限らず、日常生活の中でも、素敵な笑顔にはお互いが心うち解け癒されます。笑顔はコミュニュケーションを円滑にする最大のツールであります。今までで、いろんな商いをしている人と出会ってきました。
自分や人を笑顔にしつつ商売(笑売)をしている人   自分や人を傷つけつつ商売(傷売)をしている人
商売が上手くいっている(勝売をしている)  人   商売が上手くいっていない(消売をしている)人

売手が商いに飽きないことも大切です。それとは逆に買手であるお客さんに、提供しているサービスが飽きられていることに気づかないことがよくある。
つまり売る側も、買う側も、商いの喜びとして満足感が得られなければなりません。それが次の新たな商売につながる訳です。それが本来の「笑売」となるのでしょう。